心不全パンデミック

『心不全パンデミック』聞きなれない言葉だと思います。
心不全の患者さんが年々増加していて何年後かには数が多すぎて入院するベッドが不足してしまう状態の事を表している言葉ですが、遅からずそういう事態になると言われています。
心不全とは様々な原因で心臓のポンプとしての機能が衰えてしまう状態です。
ひどくなれば当然入院治療が必要になります。
入院して治療すれば多くの場合また調子が良くなり退院できます。
しかし入院治療を行う度に心臓の機能は悪化し入院前の状態には戻らず入院を繰り返す度に悪くなると言われています。
原因は様々と言いましたが心筋梗塞、弁膜症、高血圧、不整脈、心筋症など本当に色々です。
どんな原因であっても入院治療が必要とならないように外来でできる治療をすることが必要です。
息切れ、動悸、むくみなど心配な症状があれば早めに受診してください。
医療の技術は日々進歩しており弁膜症でも以前院長ブログで紹介した大動脈弁狭窄症はカテーテル治療で改善できるようになってきています。
また僧帽弁閉鎖不全というこれも心不全を引き起こす弁膜症ですがこういった疾患にもカテーテル治療が可能な時代となってきています。
心配なことがあれば受診してください。それぞれの患者さんに適した治療は何か?ご相談を受けます。